MENU

なぜ家族にキャッシングがバレるのか?その3つの理由とは?

お金に困っているので、カードローンを利用しようかな?と考えている人の中には、

 

  • こっそりキャッシングできない?
  • 家族にカードローン利用をバレたくない
  • 周り内緒でお金を借りたい…

 

といった疑問や不安を抱えている人も多いでしょう。

 

そこで今回は、なぜカードローン利用がバレてしまうのか?その原因を突き止めるともに、バレずに利用するポイントを解説していきましょう。

 

バレてしまうリスクを防いで、内緒のキャッシングを成功させる参考にしてみてくださいね。

 

家族や周囲にキャッシングがバレる3つの原因

 

まずは、どうして家族や周囲にキャッシングがバレてしまうのか?その原因を突き止めることが大切です。

 

原因を知ることで対策を取ることができるので、しっかり押さえておきましょう。

 

そこで考えられる3つの原因とは、

 

  1. 通帳や明細に残った利用履歴
  2. ローンカードを見られる
  3. 返済遅延によるカードローン会社から催促

 

など、これらがバレるリスクを高めてしまう状況になります。その詳しい内容について、下記で説明していきましょう。

 

通帳や明細に残った利用履歴

まず第一に考えらるのは、通帳や利用明細書で、バレてしまうことです。

 

家庭ごとに通帳の管理方法はいろいろとあると思いますが、ネットバンキングの利用履歴や生活費の口座引落など家族共有の通帳で行っている人は注意しましょう。

 

ネットバンキングから共有口座への振込を行った場合、その取引記録が記帳をしたときに家族にわかってしまい、そこからキャッシングの事実がわかるというケースがあります。

 

ですから家族の目に触れるような状態なら、その通帳は使わないようにしたり、自分専用の口座を用意したり、ネットバンキングのみで取引をするといったようなことをすると、家族バレする確率は極端に低くなります。

 

もしそんな状況にまでしてバレるとすれば、ネットバンクに振り込みをする手続き画面を開いているときに後ろから家族に画面を見られるなどといったイレギュラーな状況でしかあり得ないでしょう。

 

町中にあるコンビニATMを使って取引した場合、借り入れが終わると明細書がそのまま出てくるので、その明細書を家族に見られないかぎり、バレることはありません。

 

しかしこの明細書をうっかり一目につくところへ置いてしまうとバレてしまうので、注意してくださいね。

 

ローンカードによる家族バレ

2つ目はカードを置いておいてバレるケースです。

 

自分の部屋や小物入れなどにカードを出しっぱなしにしたままにしておいて、それをうっかり出勤時や出かける時に忘れてしまい、家族にカードを見られて「このカードは何?」とバレてしまうパターンです。

 

カードは財布に入っていることが常だと思いますが、買い物のポイントカードなどと一緒にしておいた場合、ポイントカードを探す時などにうっかり財布やカードケースの中を見られてしまい、それでバレてしまうこともあります。

 

返済遅延による家族バレ

3つ目はキャッシングの返済が遅れ、延滞した時にバレることがあります。通常、返済を延滞した時は電話かメールで業者から連絡が入ります。

 

口座引落をしているなら、口座にお金がなかったら業者から連絡が入ります。その時に返済をすれば、後々、連絡が入ることもないのですが、問題は延滞期間が長引いた場合です。

 

世の中には業者からの電話が何度入っても無視したり、引き落としができない人がいるのです。

 

そうした場合には契約時に書類に記載した自宅の電話に業者からかかってくることがあります。その電話をもし、あなたの家族が取ってしまったらと考えると、バレる危険性は飛躍的に上がります。

 

電話が何度もかかってきても返済しない場合、今度は自宅に郵便物が届きます。

 

これは催促状や返済勧告書などといった名称で送られてくるため、家族がその手紙を受け取ったら、これは一体何だと思うことでしょう。

 

もし返済が遅れそうだけど間に合わない!と言った場合には、カードローン会社に一言連絡を入れて相談しましょう。

 

何もせスルーを突き通すと、どんどん催促が加速します。しまいには会社にも電話をされてしまい、周囲の人全体にバレてしまうことも…。

 

最悪の事態を防ぐためにも計画的な利用が大切ですね。

キャッシングを内緒で利用するためのポイント

 

ここからはカードローン利用で、周囲似バレないための利用ポイントを解説していきましょう。

 

近年のカードローン会社は利用者のニーズに応じて、家族や周囲にバレないように配慮を心掛けています。そのため上手く利用すれば、バレるリスクを防ぐことも!

 

まずは、その利用ポイントについて簡単に見ていきましょう。

 

  • 申込み時の連絡先は携帯番号を記入する
  • 入会申込み書は契約機で受け取り
  • WEB完結型申込みでカードレス対応OK
  • ATM決済で通帳記入回避

 

このように少しの工夫で、バレるリスクを回避することもできます。

 

実際に、その詳しい説明を以下でしていきましょう。

 

申込み時の連絡先は携帯番号を記入する

 

はじめにカードローン会社でキャッシング申込をする際に、キャッシング会社側からの連絡に応答できる番号を記入します。

 

そこで自宅の番号を記入してしまうと、万が一電話があったときにバレてしまうことも。

 

こうしたリスクを防ぐためにも、必ず自分の携帯番号を記載しておくと安心です。電話がきても自分が必ず出られるで、バレることもありません。

 

細かい部分ではありますが、少しでもリスクを最小限に抑えるためには大事なポイントですね。

 

入会申込み書は契約機で受け取り

 

カードローン会社に申し込む際、申込手続きを必ず行います。

 

その入会申込み書を受け取るときに郵送対応にしてしまうわないように注意しましょう。家族に開封されたときには、確実にバレてしまいます。

 

またローンカード受取についても、郵送対応ではなく必ずカードローン各社の申込み機で発行しましょう。

 

近年のローンカードはスタイリッシュなデザインも多く、なんのカードだろう?と分からない人も多いです。しかし念のために、受け取りは申込機で。

 

さらに入会手続きの申込み書も申込み機にあります。ここですべて済ませてしまえば、バレるリスクも軽減できますね。

 

WEB完結型申込みでカードレス対応OK

 

大手カードローン会社の中には、WEB完結型という申込方法を導入しています。

 

このWEB完結型の特徴は、次の通り。

 

  • カード発行なし
  • 郵送物なし
  • 電話連絡なし

 

このように、これまで説明してきた周囲にバレる状況をすべて回避できる優秀なサービスとなっています。

 

このWEB完結サービスを利用すれば、家族や周囲に内緒でキャッシングすることも!

 

しかしWEB完結型を導入するカードローン会社の中には、振込キャッシング対応のみとする場所もあります。

 

この場合は通帳記入などでバレることに注意しておきましょう。

 

WEB完結を導入するカードローン会社

 

WEB完結型を導入している代表的なカードローン会社を実際にいくつかあげてみましょう。

 

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCSMBCモビット
  • アイフル

 

このようにカードローン会社といえばすぐに思い浮かべる、有名大手企業のほとんどがサービス導入をしています。

 

各社によってWEB完結の対応も違うので、公式ホームページなどで詳しい内容をチェックして、自分にあったものを選んでみてくださいね。

 

アコムでバレずにお金を借りる

 

ATM決済で通帳記入回避

 

前j痛してきたように、通帳記入でバレてしまうケースはおおいに考えられます。

 

そこで試したいのがATM決済です。ATM決済であれば、基本的にその場で明細書が発行されますね。

 

この明細書をしっかり管理することが大前提ですが、通帳などに履歴を残す必要がないので、バレるリスクは少ないでしょう。

 

一目に晒される場所に放置することなく、しっかりと自分で管理しておきましょう。

 

明細書のみその場で破棄することもできるので、通帳に比べるとバレるリスクが少ないので、おすすめですね。

 

職場にバレず借りることは可能?

キャッシング利用する人の中には、家族はもちろんのこと。職場にも利用をバレたくない!と感じる人も多いのではないでしょうか?

 

しかしカードローン会社では審査を行う際に、必ず在籍確認を行います。

 

この在籍確認は、基本的に職場へ電話連絡を行い、申込者がその会社に所属しているかどうか?をチェックするものです。

 

その電話でバレてしまうのでは?と不安に感じる人も多いでしょう。

 

しかし先ほども説明の通り、最近のカードローン会社では在籍確認を収入証明書で対応してくれる場所があります。

 

どのような仕組みになっているのか?実際に代表的なカードローン会社3つで説明していきましょう。

 

職場への在籍確認の電話を回避できうSMBCSMBCモビット・プロミス

SMBCモビット、プロミスならば必要書類の提出のみで、申込者の職場への在籍確認はありませんので安心してください。必要になる提出書類は、『会社の保険証』と『給与明細』の2つです。会社員の方ならば確実に持っている書類ですね。

 

新入社員の方やパートやアルバイトの方ですと保険証が無い場合があるかもしれません。

 

そのような場合、多少審査に影響が出てしまうかもしれません。ですが、何らかの方法があるはずですので、気兼ねなく電話相談をしてみましょう。

 

申込者の信用度などにもよるのですが、特にプロミスですと良い対応をしてくれるといわれます。

 

銀行口座が指定されるSMBCモビット

キャッシングサービスの申込の際、『会社の保険証』と『給与明細』が必要なのはSMBCモビット、プロミスですが、SMBCモビットの場合にはそのうえに銀行口座の指定がある事を覚えておいてください。

 

『三菱東京UFJ銀行』または、『三井住友銀行』の口座が必要となります。

 

この申込みは意外と簡単で、WEBからの申込みで書類の提出をする際に、銀行口座の申込みもすれば自動的になされますので、これもまた在籍確認が必要なものではありません。

 

ということは、「職場への電話連絡をしないでください」などとあえて願い出る必要もないということです。

 

これはいちばん精神的負担もなく簡単な方法ですね。

 

そしてまた、キャッシング審査の時間短縮にもなるので、急いでいる方にとってもSMBCモビットでの申込みが一番おすすめといえるのです。

 

これから三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の銀行口座を持とうとしている方でしたら、SMBCモビットで申込むことをおすすめします。

 

銀行口座指定なしのプロミス

プロミスでのキャッシングサービス申込みの際は、銀行口座を指定されることはありません。

 

ですがそのかわりといいますか、電話連絡の回避をするために口頭で願い出る必要があるのです。

 

これは申込みの際、個人情報の送信はインターネットで先にできますが、その後電話か自動契約機から申込み、その際には職場への電話連絡をしないよう忘れず口頭で連絡する必要があるということです。

 

それをしない限りプロミスは申込者の職場へ在籍確認の電話を掛けてしまいます。

 

在籍確認の電話というのは、一般的に審査の最後になるものではありますが、時に順序が変わる可能性もありますので注意しましょう。

 

またプロミスでは職場への在籍確認の電話をなしにしてくれるということが絶対とはいえないので、最初に確認する意味でも口頭での依頼がよいと思われます。

 

銀行カードローンの在籍確認の電話を避ける方法

消費者金融と比べますと、銀行カードローンでの在籍確認回避は難しいと言っていいでしょう。銀行カードローンで、在籍確認なしを公言する銀行はありません。

 

まれに在籍確認がなかったという情報がありますがこれはごくまれなケースだと思ってよいでしょう。

 

三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックですと、土日・祝日のような申込者の職場が休みの場合、職場への在籍確認なしになることがあるといわれます。

 

ただしこれは三菱東京UFJ銀行の自動契約機のテレビ窓口での申込みに限ることのようです。

 

楽天銀行スーパーローンの在籍確認

これは体験談によって情報を得たものですが、楽天銀行スーパーローンですとキャッシング希望額が少額だった場合、職場への在籍確認がなかったという情報が数多いものでした。

 

この真意はわかっていませんが、もしかすると可能性があるかもしれませんね。もしかすると、それらの少額融資の申込者の信用度が高評価だったのかもしれません。信用度の高い申込者というのは在籍確認なしでも大丈夫となる可能性は高いものです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は家族や周囲にバレないカードローン利用のポイントについて解説してきました。

 

最後にもう一度、そのポイントをおさらいしていきましょう。

 

  • 利用明細はしっかり管理
  • 郵送対応の手続きはNG
  • Web完結でバレるリスクをすべて回避

 

このように、カードローン会社の優良サービスを利用したり、少しの工夫で家族や周囲にバレるリスクを回避することもできます。

 

内緒でキャッシングをする以上、ちょっとしたことでも気を抜かずに、配慮することも大切です。

 

またWEB完結型など、家族にバレないように利用できるカードローン会社を利用してみてくださいね。